二階堂研究室

NIKAIDO LAB.

Molecular Evolution of vertebrates

❗ お知らせ:二階堂研への進路を考えている他大学学生およびポスドクの皆様へ

日本学術振興会特別研究員の受入れも行っております。また,東工大・他大学問わず,研究室見学も歓迎しております。興味のある方は二階堂までメールでご連絡ください。

更新情報

2022/07/14
業績更新:東京都立竹早高校1年生を対象とした模擬授業を行いました
2022/07/07
ブログ更新:七夕なので皆で短冊を書きました
2022/06/01
業績更新:SINEによる系統推定法のレビューが出版されました
2022/05/24
Asia-Pacific Genetics セミナーが開催されました
2022/05/20
ブログ更新:Shedlock博士が来日しました
2022/05/16
メンバー更新:D1今本さんがJST次世代研究者挑戦的プログラムに採択されました!
過去のニュースを開く
2022/05/11
Andrew Shedlock博士が来日しました!
2022/04/16
ブログ更新:新人研修試薬の棚おろしなど,新年度の活動を開始しています
2022/04/06
業績更新:OB張君の論文がScientific Reportsに受理されました!
2022/04/04
メンバー更新:二階堂研に新しいメンバーが加わりました。2年ぶりに集合写真を撮りました
昨年度のニュースを開く
2022/03/28
ブログ更新業績更新:日本動物学会関東支部会および遺伝学会春の分科会を主催しました
2022/03/02
ブログ更新:卒研発表が終わりました
2022/02/04
ブログ更新:修論発表が終わりました
2022/01/27
業績更新:清水窪小学校にて特別授業を行いました
2022/01/24
業績更新:京都大学にて集中講義およびセミナー発表を行いました
2022/01/06~
ブログ更新:雪が降りました二階堂研パーカー作りました!
2021/12/23
ブログ更新:京大にて集中講義を行いました
2021/11/18~
ブログ更新:生命科学基礎実験(クマムシ実習ニジマス実習)を行いました
2021/11/15
業績更新:D3佐久間君の論文がZoological Lettersに受理されました!
2021/11/02
ブログ更新:クジラゲノムプロジェクト始めます
2021/09/14
業績更新ブログ更新:D2河村君とM2今本さんが学会賞を受賞しました!
2021/09/03
業績更新:D3中村さんが大隅ジャーナル賞を受賞しました!
2021/08/25
ブログ更新:学部4年生賈君が卒研発表を行いました
2021/08/20
業績更新:進化学会にて,M1待井君が学生発表優秀賞を受賞しました! / The 2nd AsiaEvo Conferenceなど複数の学会で発表を行いました
2021/07/08
ブログ更新:七夕という事で短冊を飾りました
2021/06/04
業績更新:河村君のシクリッド嗅覚に関する論文をbioRxivに投稿しました。
2021/05/07
業績更新:カモノハシゲノム解析の成果がNatureダイジェストにて紹介されました
2021/04/26
業績更新:中村さんのシクリッドゲノム論文がMolecular Biology and Evolution誌に受理されました / 東工大プレスリリースで紹介されました(英語版はこちら) / 東工大生命理工学院HP「feature area」に掲載されました
2021/04/22
ブログ更新:ゼミスタート
2021/04/16
ブログ更新:新人講習開始
2021/04/01
メンバー更新業績更新:新年度になりました。メンバーと科研費獲得状況を更新しました
2021/03/22
業績更新:日本動物学会関東支部第73回大会にて3名が発表を行いました
2021/03/12
【速報】業績更新:Trieu-Duc君の,魚類の闘争行動に伴う遺伝子発現の論文がGene誌に受理されました!
2021/03/12
業績更新ブログ更新:第7回ケモビ研究会が開催されました
2021/03/04
サイトデザインを一新しました。ブログは現在対応検討中。

進化多様性の探求

 私たちが知りたいのは「生物多様性創出」、つまり進化のメカニズムです。これは、博物学が隆盛であった頃に活躍した「超」偉人達をもってしても完全な理解に至ることのなかった難題中の難題ともいえますが、私たちは最先端の分子生物学的技術を用いてこの根源的な問題を解決すべく日々挑戦を続けています。

 みなさんも東京工業大学で最先端の技術を用いた「Natural History」の研究をしてみませんか? 学部・修士・博士課程の学生さん、日本学術振興会の特別研究員の研究参画をお待ちしています。興味のある方は下記連絡先までご連絡下さい

唇肥大化のメカニズム

アフリカの三大湖には多様なシクリッドが生息しています。それぞれが湖に固有な種であるにも関わらず、湖間において似た形質をもつ種が数多く存在しており …

詳細を確認する

体毛の針化メカニズム

哺乳類の多様化プロセスの過程では、独立に何度も「体毛が硬い棘もしくは針に進化」しています(例えばハリネズミ、テンレック、トゲマウス、トゲネズミ、 …

詳細を確認する

フェロモン受容体の進化

フェロモンやその受容体というのは一般的に種間での多様性が大きく、それが異種間交雑を防ぎひいては種や生物の多様性の維持につながると考えられています。 …

詳細を確認する