進化多様性の研究

私たちが知りたいのは「生物多様性創出」、つまり進化のメカニズムです。これは、博物学が隆盛であった頃に活躍した「超」偉人達をもってしても完全な理解に至ることのなかった難題中の難題ともいえますが、私たちは最先端の分子生物学的技術を用いてこの根源的な問題を解決すべく日々挑戦を続けています。

みなさんも東京工業大学で最先端の技術を用いた「Natural History」の研究をしてみませんか? 学部・修士・博士課程の学生さん、日本学術振興会の特別研究員の研究参画をお待ちしています。


二階堂研究室への進学/編入/研究参画を検討されている皆様へ

information

〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1-W3-43 612号室
TEL.03-5734-2659
FAX.03-5734-2946

NEWS  新着情報

2019年04月12日

ブログ更新: 薬品の棚卸しを行ないました

2019年04月10日

ブログ更新: 集合写真を撮影しました

2019年04月04日

業績更新: 旭硝子財団 若手継続グラントに採択されました

2019年04月03日

ブログ更新: 2019年度が始まりました。東工大の桜が満開を迎えました

2018年01月17日

業績更新: 我々が発見した新規フェロモン受容体遺伝子「ancV1R」の論文が遂に出版されました!
概要は東工大プレスリリースをご覧下さい。:

2017~2019年度

ビクトリア湖調査隊を組織します! タンザニアへの遠征に興味ある方はご連絡ください
(基盤研究B: 適応放散の分子機構解明に向けたビクトリア湖沼生物ゲノムの多様性の網羅比較)

2018年1月4日~

タンザニアフィールドレポート 第2回のビクトリア湖野外調査を終えました

過去のニュースはこちら